マタニティヨガ

マタニティヨガについて

マタニティヨガについて

今回はマタニティヨガについて紹介していきたいと思います。

まず妊婦さんは、妊娠をすると体はもちろん心に変化が現れてきます。 妊娠するといきなり体調不調になったり、お腹が大きくなってくると、自分の思うようには動くことが出来なくなるので、ストレスに感じてしまうこともあります。 ですが、お腹が大きくなるにつれて、赤ちゃんの存在も実感できるようになるのです。

マタニティヨガをすることで、体を動かし、瞑想や呼吸法により胎児にもいい影響を与えることが出来るのです。

ではマタニティヨガは、いつから始めることが出来るのか、何に気をつけて行わなくてはいけないのかを見ていきましょう。

マタニティヨガとは、妊婦さんがゆっくりとした動きで行うヨガのことを言います。 体に負担をかけないようにしながら、筋肉をほぐしたり、呼吸法を行い、無理なく行っていきます。

一般的な人が行うヨガというのは、体幹を重視して、インナーマッスルを鍛えることが目的とされていますが、マタニティヨガも同じような目的ではありますが、浮腫みやこむら返り、冷え、ストレス、体重増加など、妊娠している間に起ってしまうことをケアする目的があるのです。

そしてマタニティヨガを行うことで、精神的にリラックスすることが出来るのです。 マタニティヨガを産婦人科で講座を開いている所もありますので、自分が通っている産婦人科や産院では、講座がひらかれているかをチェックしておくといいでしょう。 ちなみに私が通っていた病院では、マタニティヨガの講座が開かれていました。

またマタニティヨガをしたいと考えている人は、いつからすることが出来るのか気になっていると思いますが、そのスタジオや病院などでも違いがあると思いますが、だいたいは妊娠13~14週くらいから始めることが出来るようです。

これくらいの時期からやりたいと考えるのであれば、医師に相談して、許可を得ることが出来れば、始めることが出来ると思いますので、相談してみてください。

そしていつまで続けることが出来るのかということも気になると思いますが、いつまでに辞めなくてはいけないということは特にありませんので、出産直前まで続けるという人もいるようです。 よくわからないという人や不安に感じる人は、そういったことも医師に相談してみるといいかもしれません。

次は、妊婦さんがマタニティヨガを行うとどのような効果を得ることが出来るのかについて紹介します。
マタニティヨガは、妊娠している時の不調を改善するだけではなく、出産に向けて体力づくりをするのにも効果があるのです。 また分娩時に活かすことが出来る呼吸法を身に付けることもできるのです。 その他にも、柔軟性が上がり、骨盤も開きやすくなるので、お産も楽になると言われているのです。 またストレス解消、運動不足、血行促進、自律神経のバランスを整える、体型を調える、免疫力の向上、体重増加を防止する効果などもあります。

ストレスを感じやすくなっているため、ヨガをすることで、ストレスを解消することが出来るのはいいことだと思います。

逆にマタニティヨガをやる際に気を付けなくてはいけない点を紹介します。 マタニティヨガはゆっくりとした動きだからと言って、運動していることには変わりませんので、気を付けなくてはいけないことがありますので、どのようなことを気を付けなくてはいけないのかを知っておきましょう。

1つ目は、体調が悪い時や貧血気味の時、お腹が張った時には中断することです。
2つ目は、食前や食後2時間はヨガをしないでください。
3つ目は、服装は体を締め付けない、ゆったりとしたものを着るようにしてください。


これらがマタニティヨガで気を付けなくてはいけないことです。 無理をしてしまうとお腹の中の赤ちゃんに負担がかかってしまうので、注意しましょう。

そしてマタニティヨガを行う時の心構えは、心地いい環境で行うことと、ヨガのポーズに集中するというよりは、呼吸法に集中してリラックスし、自分のペースで行うことが大切にありますので、覚えておきましょう。

そして1番大切なことは、妊婦さんの健康状態になります。 何度も言いますが、体調が悪い時や、お腹が張ってしまった時は、すぐに辞めてください。

妊娠している時は、あなただけの体ではないということをしっかり理解しなくてはいけません。お腹の中には、あなたの大切な赤ちゃんがいるということをしっかり理解し、大切な赤ちゃんに負担をかけないようにしなくてはいけません。

場合によっては医師から許可を得ることが出来ない人もいますが、許可を得ることが出来、マタニティヨガをすることが出来るのであれば、チャレンジしてみるといいかもしれません。 マタニティヨガをすることで、妊娠中に起るトラブルを改善、解消してくれる効果がたくさんありますから、無理をしない程度に行ってみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP