ヨガ 注意点 ポイント

ヨガの注意点やポイントについて

ヨガをする際に皆さんが注意していることやポイントはありますか? ヨガを始める際には、さまざまな注意点やポイントがありますので、知っておく必要があります。またそれらをしっかり知ることで、安全かつ効果的にヨガを行うことが出来るようになるのです。

では早速注意点やポイントを見ていきましょう。

1つ目は、無理をしないことです。
ヨガをする時に大切なことは、無理をしないことです。 体が固い人は、ポーズを取るのが難しいかもしれませんが、無理をせず、自分が出来る範囲でポーズを取ることが大切になります。 無理をしてしまうと、続けられなくなってしまうので、無理しない程度にすれば、長く続けることが出来るのではないでしょうか。

2つ目は、適度な時間でヨガを行うことです。
ヨガをすることは、心身にいい影響があるからと言って、やりすぎは逆効果になってしまいますので、目安として1日に長くても1時間~2時間にしておくといいでしょう。

3つ目は、続けることです。
ヨガは続けることで、効果を得ることが出来ます。 定期的にヨガをやるというよりも、少しでも良いので続けてやった方が効果を得ることが出来るので、続けられるように心がけましょう。

4つ目は、空腹時に行うようにすることです。
ヨガをするのであれば、空腹時に行うようにすることが大切です。 満腹時にヨガを行ってしまうと、内臓に負担をかけてしまうので、絶対にやってはいけません。 食後にやるのであれば、出来るだけ食後2時間~3時間以上あけてから行うようにしましょう。またお酒を飲んだ時もやってはいけませんので覚えておいてください。

5つ目は、入浴についてです。
ヨガを入浴直前や直後に行ってしまうと、心臓に負担をかけてしまうので、絶対に避けてください。 入浴を考えるのであれば、少なくてもヨガをしてから30分はあけるようにしましょう。

6つ目は、服装についてです。
ヨガをする時は、体を締め付けない動きやすく、ゆったりとしたウェアを着るようにしたほうが良いでしょう。 靴下は履かず、ブラジャーなどの体を締め付けるもの、アクセサリーなども外してからヨガを行うようにしてください。

7つ目は、適した環境作りをすることです。
集中力を高めるためには、環境作りが大切になります。 室内の換気を十分にして、新鮮な空気を取り入れるようにしてください。 また室温は、寒いより適度に暖かい方がいいと言えるでしょう。 またアロマやBGMなどもリラックス出来る物を使うと、よりリラックスすることが出来ると思います。

8つ目は、ヨガマットを用意しましょう。
ヨガをしようと考えているのであれば、ヨガマットを用意しましょう。 ヨガマットを使うことで、手足が滑らず、体を固定しながらポーズを取ることが出来ます。 また汗を吸収してくれる役割もありますし、マットを使うことで、硬い床に直接触れずにヨガをすることが出来るので、体にかかる負担を軽減することが出来るので、しっかり用意した方が良いでしょう。

9つ目は、呼吸をしっかり行うことです。
ヨガをする際に最も大切なことは呼吸です。 呼吸を正しく行うことがヨガの効果にも繋がるのです。 ヨガで行う呼吸法は、腹式呼吸が基本になります。 腹式呼吸とは、口を閉じ、鼻から息を吸い込んで、しばらく暖めてから肺へと流していきます。 腹式呼吸は、全身に酸素を送り込み、体を浄化してくれるのです。 また腹式呼吸を行う時には、おへその奥にある丹田という所を意識し、丹田に空気をためるようにお腹を膨らませていくのがポイントになりますが、初めて行う人は腹式呼吸が上手く出来ないという人が結構多いですが、徐々に出来るようになると思うので、焦る必要はありません。 ヨガで呼吸が大切だということはおわかりいただけたと思うので、ヨガ中は、呼吸を意識して行いましょう。 吸気は無意識に、呼気は意識を集中させてお腹を絞るようにゆっくりと吐き出すと、より集中力を高めることが出来るので、しっかり呼吸をするように心がけてください。

10つ目は、体調についてです。
生理中は、禁止とは言いませんが、軽いメニューにして、心と体の状態を考えて、無理せず出来る範囲でヨガを行うようにしましょう。 妊娠中はマタニティヨガをする人がいますが、医師に相談し、スタートする時期などもしっかり話し合って決めていくといいでしょう。 一般的には、4ヶ月くらいから始めるといいでしょう。 高血圧の人は、逆転ポーズやアサナポーズは避けて行いましょう。 高年齢で高血圧の人が、これからヨガを始めるのであれば、特に注意して行うようにしてください。

このようにヨガを始める前には、たくさんの注意点やポイントがあることをおわかりいただけたと思います。 これらを注意点とポイントを始める前に知っておくことで、安全で効果的にヨガを行うことが出来るようになります。

またヨガを行った後に、激しい動きをしてしまうと負担がかかってしまうので、なるべく静かに過ごすようにしてください。

↑ PAGE TOP